第六項 ころびやの教科書
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
さっき、うちのひとがころびやの英語の教科書を発見しました。今回はそのお話です。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

ころびやのむか〜しの英語の教科書が発見され、そのなかを見ていたら、当時ころびやがした落書きを発見しました。それがちょっと面白かったので、紹介します。

 
キング牧師はご存知ですか?アメリカの人種差別に非暴力で対抗し、ノーベル平和賞を受賞した人です。
この方は(恐らく白人の放った)暗殺者(だと思う)に射殺(だったと思う2)されてしまったのですが、その意思は絶える事は無かったほどの偉大な人です。

 では早速、

 とりあえず説明しますと、これはキング氏が演説をしている写真です。
くそ汚い字でワケ判らんことを書いてあります。読みづらい人は写真にマウスカーソルをあわせてしばらく待ってみて下さい。
しかしなぜ
ブロッコリーなのでしょうか?
その当時のマイブームがブロッコリーだったんでしょうか?
この点は当時の私しかわからんでしょう。なのでメールで聞かれても困ります。


次は小説のワンシーン。

ぼうし返せー
 少年は列車の人に帽子をひったくられたのでしょうか?
そうだとしたら列車の人はすごい運動神経です。列車の人は少年よりずっと上にいますし。
満面の笑みだし。


 つぎは親子のワンシーン。

頭脳線短い。 え?
 我が子に「頭脳線短い」と言い放つ親もとてつもない潔さだと思いますが、確認する少年も勲章もんだと思います。
ころびやも生命線が途中で途切れてるため、「早死にだ」といわれた覚えがあります。うちもまけないくらい
潔いです。


 さらにこれ

好きよ。 ごめん、好きな娘がいるんだ
 私は授業中何をやってたんでしょうか?(←早く気づけよ)
ともかく、英語の教科書は落書きネタの宝庫。アメリカ風の挿絵は表情が微妙なのでどうとでもとれるので、幅広い落書きを受け入れてくれます。さすが「自由の国」アメリカです。落書きすら自由です。

こんなとこで、今回のころびやのころび跡はお開きです。
シーユーアゲイン!バイバーイ!






4〜5項

1〜3項


戻る

.